教育を変える経営者

インターネットサイト「教育を変える経営者」では、昨今少しずつ広がりを見せつつあるイーラーニングシステムを展開する会社の経営者を紹介したサイトです。


イーラーニングは情報化社会にふさわしい次世代の教育システムであり、これが一般化することによって従来の教育とは大きく違う、新しい教育のスタイルが生まれる事は間違いありません。そのため、イーラーニングを展開する会社の経営者を「教育を変える経営者」と言っているのです。
 サイト内では6人の経営者が紹介されています。イーラーニング研究所の吉田智雄氏、デジタルハリウッド大学専任教授の佐藤昌宏氏、株式会社レアジョブ代表の加藤智久氏、株式会社スクー代表の森健志郎氏、株式会社ファンタムスティック代表のベルトンシェイン氏、株式会社CA Tech Kids代表の上野朝大氏です。
これら6人のうちいずれもが、イーラーニングがこれからの時代には必要不可欠であることを提唱し、普及に努めています。いわば、この6人の経営者は教育界における開拓者となっているのかもしれません。
国家を構成するのは国民です。国民に良い教育が施されている国は、世界のリーダーとして立つことができます。
そのため、教育を根本的に変える技術の普及に努めている彼ら6人は非常に大きな役割を担っているのです。
今後イーラーニングが普及してくると、それを用いて悪どい商売を使用とする人間は必ず現れます。いつの時代も、時代から求められているものの所では金が動き、金が動くところには人間の欲望がうごめき、人間の欲望は時に人間を悪行へと走らせます。そのため、イーラーニング導入に当たっては、正しいものを選んで導入する必要があります。
彼らの経営する会社では、当然の事ですがイーラーニングシステムを取り扱っています。
教育の先覚者たる彼らは常にイーラーニングシステムの改良に勤めており、なおかつ普及のために出来るかぎり安価で提供しています。つまり、安い費用で良質な教育環境が手に入るのです。
イーラーニングを検討するときには、この6人の経営する会社のいずれかを利用するのが間違いのない方法です。