IT×教育

IT×教育は次世代ではなく現代教育

●IT×教育はもはや常識であり常套手段

ITの目覚ましい発展により、そのシステムなくしては現代の社会は回らなくなってしまいました。家にパソコンがない人でも携帯電話は持っているでしょう。携帯電話は持っていない人でもあらゆるところで必ずITの恩恵を受けているはずです。
そんなITを教育に活かそうという試みが至るところで起こっていますね。IT×教育は、大人からすればなんだかとっつきにくく踏み込みにくい分野ではありますが、しかしそうも言っていられません。もはやIT×教育は当たり前となってきているのです。
知らないことがあればネットで調べる、これも一種のIT×教育でしょう。ITと教育を切り離した考え方はもう通用しない。それほどIT×教育は常識となっています。

●特に子供に有効なITと教育の融合

ITによる教育は特に子供に有効です。なぜならば大人のようにITに拒否感を持っている子供は現代社会においては極端に数が少ないからです。それはそうでしょう。生まれた時からパソコンや携帯電話が流通しているわけですから、今の大人と価値観が合うわけはありませんし、教育スタイルや学習スタイルが変わっていくのは当たり前。
むしろ子供にITを使った教育をしなければこれからの時代を生き抜いていく人間を育てることは不可能なのです。あらゆることに興味を持ち、興味を持ったことに対しての吸収力が半端無く優れている子供にITを馴染ませ教育していく、それがIT×教育の意味。
教科書を使う、ノートに鉛筆で書く、そんな作業もいいかもしれませんが、IT×教育を無視して子供を育てることはもう無理なのかもしれません。

●グローバルに活躍するならIT教育

日本の現代社会においてもITを活用できる能力は必須なわけですから、世界に出ればその傾向はもっと顕著になるはず。グローバルに活躍したいと思う子供も多いですし、親だって子供にはグローバルに活躍してもらいたいと思うことでしょう。そうであればIT×教育は必要不可欠。
それはITを使いこなす能力を手に出来るだけではありません。語学の勉強にもなりますし、ネットを世界に繋ぐことでリアルな状況を知ることにも役立つのです。
日本の学校の英語教育には限界があります。今の日本の大人達が英語を話せない状況を見ればそれは明白。そういった事態を避けるためにもIT×教育は欠かせないでしょう。

●自宅でもITを使った教育は可能です

何も学校に限った話ではありません。IT×教育の環境は家でも作り上げることが可能。
パソコンがあれば、タブレットがあればそれは既にIT×教育の始まり。必要なサービスをダウンロードしたり登録して活用できる状態にすることで、自宅にいながら世界水準の勉強をすることだって難しくないのです。
子供の前に親がそのやる気を示せるかどうか。それができれば子供もITや勉強に興味を持ち、自然とIT×教育を取り入れた家庭にすることができるでしょう。