現代の教育

現代の教育の問題点を探る

現代の教育は間違っている?

現代の教育は果たして間違っているのでしょうか?これは学者や研究者の中でも意見が分かれることだと思いますが、日本の現代の教育について言えば、これは正しいとは言えないでしょう。間違っていると言い切ることもできませんが、少なくとも正解ではないはずです。
その理由は明らかに子供の能力に差が出ていることが挙げられます。勉強ができる子はできます。世界でも高いレベルの能力を持っている子供も日本にはたくさんいるでしょう。しかしできない子供が急速に増えており、能力の高い子供と低い子供の差が恐ろしいほど激しくなっているのです。これでは現代の教育が正しいとは言えません。
大事なことはみんなが平等に同じような水準の教育を受けられる環境を構築することではないでしょうか。

現代の教育の欠点の原因は?

では、現代の教育の問題点や欠点を生み出した要因はどこにあるのでしょうか。親の責任が大きい気がしますね。子供を甘やかす親が増えてきており、過保護になりすぎています。それによって競争する機会が失われ、子供も意欲をなくしがち。こうなれば教育熱心な親や競争を悪だと思っていない親の子供がどうしても優秀に育ってしまい、教育の格差が広がってしまうのです。
学校が親に媚びている、あるいは恐れているこの現状も現代の教育を作り上げている原因。もっと厳しく、と言ったら語弊があるかもしれませんが、子供の能力を引き出すための努力を怠らないようにしなければならないでしょう。独自性を出すことを学校側が真剣に考えなければなりません。

最も優れた教育方法は何なのか

最も優れた教育方法を見出すのはとても難しこと。しかし現代の教育が正しくないとするのであれば、それを正していく努力はしなければなりません。「現代の教育」という言葉は、「現代にマッチした教育」という捉え方もできるでしょう。つまり、今の時代にピッタリな教育方法を教育機関や施設、あるいは家庭などで取り入れることができれば、子供の能力も自然と上がってくると考えられます。ネットワークを使った教育、特にeラーニングと呼ばれる手法はその代表的な存在なのかもしれません。最も優れているかどうかはさておき、eラーニングが現代にマッチした教育方法であるとは確かでしょう。

未来の教育を考えることの重要性

親、教師、教育機関に携わっている人たちには未来の教育を考えて欲しいものです。未来の教育はやがて現代の教育になります。決して超未来のことを考えろと言っているわけではありません。eラーニングの話をしましたが、これは既に幾つもの教育施設で取り入れられている手法であり、実際に成果を挙げているシステム。であるならばそれを検証という言葉を借りてもいいので、学校や親が積極的に取り入れてみるべきなのです。未来の教育を考えるということはこういった行動から始まり、それが未来を変えていく重要な一歩となることをもっと大人達は知るべきなのかもしれません。