子供の教育が危ない??

このままでは子供の教育が危ない??

いつから日本の教育がダメになったのか

「子供の教育が危ない??」という話は一体いつからこの日本で叫ばれているのでしょうか。もうかなり経っているような気がします。その時期がいつだったかと正確に断定することは難しいものの、ひとつだけ言えることは、「ゆとり教育」なんてものは大失敗であり、子供を実験台に使った大人の悪ふざけとしか言いようのない政策だったということ。少しずつ脱ゆとり教育になってきてはいるようですが、その時代に生きた子供達は完全なる被害者。これでは日本の未来が沈没に向かっていることは誰でも想像できるでしょう。
いつから日本の教育がダメになったのか、日本の教育が危ないと言われるようになったのかを考える、検証することは必要かもしれませんが、それと同時に未来を見据えて、子供の教育をこれからどうしていくかも考えなければならないと思います。

変革の時期はとっくに過ぎている

子供の教育を改革する時期はとっくに過ぎていますが、政府はなかなか大きな方針転換ができないでいます。ゆとり教育なんてものをしてしまったせいで、やりたくてもできないのでしょう。いきなり教科書の厚みが2倍や3倍になったら子供も混乱しますし、親も一緒に騒ぎ立てますからね。徐々に変えていくつもりなのだと思います。しかしそれがそもそもの間違い。変革しなければならない時期はもう過去になっており、どこかで一気に変えなければこのままズルズルと、また多くのゆとり教育の被害者を出すことになるのですから、大人達が早急に大きな決断をすべきなのです。もしそれができないのであれば日本の教育に未来はないでしょう。

学校に頼る教育は卒業するべきか

しかし勘違いしてはいけません。日本の教育には未来がないと言いましたが、それはあくまでも学校、もっと言えば公立の学校に限ったこと。私立であれば独自の方針で学力アップのために必死に頑張ってくれている学校も多々あります。また、学校に頼らずとも子供を教育する手段は幾らでもあるでしょう。塾を含めた校外スクールに通わせることはとても有意義なことです。むしろこれからの時代、本気で教育に取り組み子供を成長させたいと考えるならば学校にはもう頼らないと見切りをつけた方がいいのかもしれません。「子供の教育が危ない??」ということに気付き、それを真剣に考えている親は既にそうしています。

家庭を学習できる場に変えてみよう

塾やスクールに通わせるのはひとつの学習スタイルを作り上げることに繋がりますが、しかしお金がかかりますよね。家の外で学ぶと帰りが遅くなるため、物騒な現代の中でそれをさせるのは心配だと感じる親も多いはず。ということで、家庭に学習できる環境を作ってあげるのはどうでしょうか。通信教育でもいいですし、イーラーニングも最近では注目を浴び、教育熱心な親御さんに積極的に取り入れられている学習スタイル。こういったものを家庭に持ち込んであげれば政府が決める学校教育に頼ることなく、子供の能力を開花させてあげることができるはずです。