斉藤昌宏氏

幅広く信頼を得ている佐藤昌宏氏

佐藤氏担当の「Effective Learningラボ」

佐藤昌宏氏(デジタルハリウッド大学院専任教授)は1967年生まれ。クリスマスイブの日に生まれたそうですね。なんだかとても神秘的な感じがしますが、佐藤昌宏氏本人もなんだか不思議な雰囲気を持った人。その雰囲気は実はこの生まれた日に関係しているのかもしれません。彼はかつて日本電信電話株式会社、つまりNTTに務めていた経歴を持っています。入社から10年経った後、デジタルハリウッド経営企画室執行役員となります。更にデジタルハリウッド大学大学院事務局長という役職に就き、そして現在はデジタルハリウッド大学院専任教授となって、「Effective Learningラボ」という科目を担当。馴染みのない人には少し難しそうに感じるかもしれませんが、要はE-ラーニングを最大限活用するためには何が必要かを考える科目。これからの教育に欠かせない分野であり研究ですから、ここにおける佐藤氏の手腕というのはとても重要になってくるでしょう。また、佐藤氏にうってつけの研究科目とも言えるのかもしれません。

佐藤昌宏氏が代表を務める会社

佐藤昌宏氏(デジタルハリウッド大学院専任教授)は、他にも肩書きを持っています。まずは産学官連携センターのセンター長。そして株式会社グローナビの代表取締役。さらに株式会社マーケティング・トルネードの代表取締役。かなり手広くいろいろなことに挑戦している方だというのがここからもわかりますし、そもそもそれだけのことができる能力を持っていることにも一般の人は驚くかもしれません。マーケティング・トルネードは経営に関するノウハウなどを教えてくれる会社のようです。これも一種の教育と言えるでしょう。子供達に伝えるものではなく、対象は大人ですが、どのようにしたら経営を成功させられるかを佐藤昌宏氏独自の視点で伝えてくれます。マーケティングのノウハウ教材も発表していますし、E-ラーニング教材も提供。この人についていけばきっと良い方向へと勧めるのではないでしょうか。

佐藤昌宏氏とはどんな人物なのか

デジタルハリウッド大学院専任教授、そしてマーケティング・トルネードという会社の経営などを見てみると、佐藤昌宏氏は「学ぶ」ということについて高い知識と見識を持ち、そしてそれを活かして多くの学生や経営者、あるいは経営者を目指している人を「学ばせる」能力を持っている人だということがわかります。これは類い稀なる才能。誰にでもできることではありませんし、知識を持っているだけではなく、教える技能も持ち合わせていないとできないわけですから、佐藤昌宏氏は目指すに値する人物なのかもしれません。

教育と経営のプロフェッショナル

佐藤昌宏氏(デジタルハリウッド大学院専任教授)はつまり、教育と経営のプロフェッショナル。こういった言葉でまとめるのがおこがましいほど、それらに精通している人なのです。E-ラーニングの可能性を広げるのでしょう。多くの優秀な経営者を生み出すのでしょう。もしかしたら多くの人に認知されるのは難しい立場なのかもしれませんが、しかし多くの人に利益をもたらすのが佐藤昌宏氏という人物なのだと思います。