イーラーニングとは?

知らないと恥ずかしいイーラーニング

●イーラーニングとはどんな学習方法?

一部大学、高校、中学校、小学校ではガッツリと授業に取り入れられており、一般家庭でも子供の為に導入する、資格取得や知識・教養を増やすために導入する人が増えてきているイーラーニング。言葉すら聞いたことがない人はこれを機会に覚えておきましょう。覚えるのが少しでも遅れると恥をかいてしまうかもしれません。イーラーニングとは?という質問があった時には、電子機器やそれを活用した情報技術の活用によって学ぶこと、もしくはそのシステム、と答えるとしっくりくるでしょう。実はどこからどこまでがイーラーニングなのかは少し曖昧なのです。イーラーニングとは?という問いの答えや解釈は多少人によって差異が出てくるかもしれませんが、紙媒体や直接人に教わる方法ではなく、機械に頼った学習方法だと思っておいて間違いありません。

イーラーニングの種類を挙げてみる

イーラーニングとは?と聞かれて、パソコンを使った勉強法、と答える人もいるかもしれませんが、これは正解でもあり、しかし少し不十分でもあります。イーラーニングの種類は非常に多岐に渡ります。パソコンを使ったものももちろん含まれますが、それ以外にタブレットやスマートフォンといった端末、あるいはガラケーを使ったイーラーニングシステムもあるでしょう。CD-ROMやDVDを使った学習方法もイーラーニングに含まれます。テレビを活用することもありますし、イーラーニングサービスを提供している会社が独自に開発した端末を使用することもあるでしょう。ネットに繋がっている種類のものもあれば、繋げずに学習できるシステムもあります。

メリットとデメリットを考えてみる

イーラーニングを使うことで生じるメリットとデメリットを挙げてみますが、必ずしもそれが全部のシステム、あるいは全ての人に当てはまるわけではないことは押さえておきましょう。時間と場所が自由であり、通勤中や通学中にも勉強できることが大きなメリット。できるところとできないところを明確にして、自分に足りない部分を補いやすいのもメリットです。教材によって部屋やバッグなどが占領されないのもメリットですね。イーラーニングのシステムにもよりますが、リアルタイムで指導を受ける場合を除いては、わからない部分の解決に時間がかかるケースがあります。これはデメリットとなるかもしれません。自由度が高いだけに学習意欲を維持するのが難しい人も出てきてしまうでしょう。

まだ間に合うイーラーニングの導入

デメリットを差し引いてもイーラーニングはメリットの方が多い。学びたいと思っているのにイーラーニングを導入していないのは時代遅れと言われても仕方ないのかもしれません。まだ「イーラーニングとは?」なんて頭のどこかで思っているのであれば、興味がある分野や講座を積極的に試し、そこでイーラーニングの素晴らしさを体感してみた方が早いのではないでしょうか。きっと今までの教育や学び方に対する意識を覆してくれると思います。